新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。

新築物件最大のメリットは安心の長期保証です。一生に一度の買い物。中古物件にはない魅力を解説します。

新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。

新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。

新築物件の魅力を語る前に、それが何かを知っておく必要があります。新築を簡単に説明すると、できてから1年未満の建物で、誰も住んでいない物件です。誰かが住んだら、即中古になりますし、単に新しい物件という意味ではありません。新築物件は、中古物件に比べてコストが高めです。ですから、最近は中古物件を強く勧める業者もたくさん存在します。しかし、確かに見た目のコストは安いですが、本当に安く住み続けられるとは限らないのです。

新築物件は、まだ誰も住んでいないので、精神的にとても嬉しい買い物をする事ができます。恐らく、多くの人にとって一生に一度の経験でしょうし、その喜びは新築でしか体験できないものと言えます。ですが、それ以上に、重要な要素として、中古物件に比べて圧倒的に長い、長期保証を受けられるメリットがあります。新築物件は購入してから10年間は、瑕疵担保責任といって主要な部分に欠陥があった場合に、購入した人が保証を請求する権利が与えられます。これは中古物件にはない権利です。ですから、新築物件に何かトラブルが起きても、安心して住める事になります。コストの高さ以上の恩恵を受ける事ができると言えます。また、新築住宅は、税金上のメリットも受ける事ができる為、そちらも見逃せません。住宅は非常に大きな買い物です。これらメリットを考えると、やはり新築を選択する事が理想と言えるでしょう。
Copyright (C)2017新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。.All rights reserved.