新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。

住宅を買わずに一生を過ごす人がいます。ライフスタイルに合わせた住み替えですが、その時に新築を渡り歩くようです。

新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。

賃貸で新築を移り住む

昨今、住宅は買うべきか買わぬべきかと大きな話題となっています。買った場合は、一生をかけて住宅ローンという借金を返すべく働かねばなりません。また、買ってしまったときは、その時が資産価値のピークで、あとは価値が目減りしていく一方です。新品だったはずのキッチンや洗面台、浴室もどんどんと古びたものになっていきます。時間が経てばたつほど、各メーカー色々な研究開発を行い、より良い商品の開発及び販売を行っています。つまりは、あとになればなるほどいい製品が買えるし、使うことができるのです。

これをうまく手に取った住まい方として、住宅は一生賃貸で、家族構成などのライフスタイルの変化にともない、どんどん住み替えていくという方法を取られている方がおられます。そして、この住み替えの対象としては、新築物件だけに目をつけて、どんどんと新しいところに住み替えられているようです。トイレ一つにしても30年前のトイレは、流すのに15リットルほど要していましたが、今は5リットルを切る水量でトイレを流せます。そうすると、水道代に直接響いてくるわけです。より良い地球環境にも優しい品がどんどん出てくるので、賃貸で新築物件を渡り歩くとこのようにいいものをどんどん使える機会が増えるようです。
Copyright (C)2017新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。.All rights reserved.