新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。

新築マンションに歯その時点でのセキュリティ、防災設備がありますし、その時代のトレンドにあった付帯設備があります

新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。

新築マンションのメリット

マンションを購入する時には新築を購入するか中古を購入するかの選択肢はあります。中古マンションは購入価格の安さがそのメリットとして上げられますが、設備が古い、リフォームが必要などのデメリットがあります。逆に新築分譲マンションのメリットとしては、設備があたらしく、災害に対して最新の方法が取られていたり、耐震構造が最新のため、新たな耐震補強が必要ないといったメリットがあるのです。

また、最近特に必要が求められているのがセキュリティです。新築マンションでは、エントランス、エレベーターホールはもちろんのこと、駐車場、非常口などにも防犯カメラが設置されておりますし、消火器の設備、非常用の食料、水なども保管されていたりします。その時点での最新のセキュリティ、災害対応がされているのが新築マンションなのです。更には最近のトレンドを取り込んでいたりもするのです。

それが、共用スペースの充実化であったり、カーシェアリング、保育スペースの完備であったりします。初期費用はかかりますが、それ相応の付加価値があるのが新築マンションなのです。選ぶ時には部屋以外の付帯設備で何が整っているのか確認してみることをお勧めします。
Copyright (C)2017新築物件の長期保証。中古物件とは圧倒的に違います。.All rights reserved.